本文へスキップ

小学生 中学生 英語添削指導 、英会話、英作文、通学と通信

KUDAN ACADEMY  英語学習の色々な方法を提案

小学生・中学生の英語学習 Eメールと郵送で学ぶ

文部科学省の【英語教育改革】に先手を打つ!
2018年から 「小学5年生からの英語の正式教科化」
2020年「大学入試改革」(4技能評価と外部資格評価導入)

政府は「教育再生3本の矢」という改革方針を打ち出しています。3本の矢とは、(1)英語教育の抜本改革
(2)理系教育の刷新(3)情報通信技術教育のことです。特に英語教育については、これまでになかった抜本的な改革を実施する予定です。

これの意図するところは、国際語である英語を実際に話し合いの場で使う(話すだけではだめ)様になるということです。この為、「読み」「書き」中心の受験学習英語から「聞く」「話す」を強化することが、目標となります。
しかし、これはこれまでも言われてきたことと同じで、ゆとり教育が間違っていたと言っては、学習時間を増やし、早期英語学習が必要だという事で小学生にALT(外国人講師)を導入したりしていますが、効果はどうでしょうか。逆に小学生の時から英語嫌いを増やす元にもなっています。

語学学習には色々なメソッド(学習法)があります。
教師が英語を話して英語を学習するのは「ナチュラルメソッド」と呼ばれる学習法のひとつです。これは、幼児が母親から自然に言語を学ぶのと同じということから、ナチュラルと言います。この方法には欠点がありますが、その最大のものは、英語は小学生にとっては最早「母語」にはなり得ないということです。脳は音楽の様な感性を伴うものは、右脳で捉えると言われます。言葉も産まれた後は意味が分からない音ですから右脳で捉えますが、次第に意味があることが解り、左脳で(日本語の)言語中枢が出来上がります。つまり、言語は左脳が捉えます。左脳は捉えたものを論理的に理解するところですから、英語の論理=文法、を知らなければ理解出来ません。従い、英語を聞かせておけば、何とかなるということはありません。
「ナチュラルメソッド」が駄目だという事ではないのです。「ナチュラルメソッド」の導入時期を間違ってはいけません(実はこれが日本の英語教育では話せるようにならない最大の理由なのですが)。それは文法を学習した後なのです。また、政府の「大学入試改革」には、4技能評価と外部資格評価導入と書いてあります。4技能とは、「読み書き聞く話す」のことです。これまでの教育は、「読み+書き」または「聞く+話す」のどちらかに偏っていました。どちらかを重視すればどちらかが疎かになったのです。これからは、評価基準が変わって来ます。そして外部資格評価導入と書いてありますね。これは、大学入試に「英検」や「TOEIC」「IELTS」の資格を採用しようというものです。TOEICや英検の準1級以上は、英語の総合力の資格です。つまり、もし英語の入試がこれらの資格試験に代わるのであれば、これまでの受験勉強を全く変えないと対応できません。

九段アカデミーの「英語教育改革」に対する学習提案
まず基礎文法(但し、レベルや年齢に応じて次の総合学習に移る時期を調整する)→総合学習(文法+読解+作文+リスニング+スピーキング+コミュニケーション英語)
当校では、初めて英語を学ぶ人や、まだ文法をよく理解していない人が外国人に会話だけを学ぶ事は出来れば避けた方が良いと説いて来ました。語学の基本は暗記ですから、そうやって暗記して覚えて行くことが悪いのではありませんが、暗記した英語は自分のものではなく、誰かが言った(作った)英語です。つまり自分の意見ではない。常に受け身です。だから、会議の場で自分の意見が言えない。意見が無いわけではないが、自分の意見を言う英語を覚えてないのです。
ですから、まず文法を学んで、文章が読めるようになることを勧めます。しかし、先にも述べたように語学の基本は暗記(反復)ですから、これもやった方が良いのです。では、いつから?どのように?

小学生低学年:まず基本文法(文1期)をやります。次に出来るだけ多くの単語をおぼえるようにしましょう。基礎文法と200語くらいの単語を覚えたくらいから会話の暗記(総1期)、同時に文法も続けます(文2期)。
小学生高学年〜中学1年:基礎文法をきちんとやります(文1期+2期)。その後4技能全ての強化(総2期〜)。
中学生2年〜高校3年以上:基礎文法をおさらい(文1期+2期)し、1年で文法学習を全体の70〜90%まで終了(文 3期 +4期)させます。以降は、「読み書き聞く話す」の4技能の強化(総3期+4期)を図ります。
(文1期〜4期は文法学習、総1期〜4期は読み書き聞く話すの総合学習)

講師について最も良いのは「英語が良く出来る日本人」です。次に良いのは「バイリンガルレベルの日本人またはネイティブ外国人」ですが、英検準1級以上TOEIC900点以上などの資格を持っている方が良い。次に日本語があまり出来ない外国人ですが、外国語を一つも話せない人は英語を学ぶ外国人の気持ちが解りませんから避けた方が良い。外国人はネイティブ(米国人、英国人など)の方が良いですが、ネイティブレベルで話す外国人であれば、ネイティブで外国語が一つも話せない人よりは良い。

九段アカデミーの学習方法の提案
(1)Eメールで学習出来る作文学習(基礎文法を終了した人:英検5級レベル以上)添削付
(2)Eメールで文法とリスニング学習、添削付
(3)通学学習

以下下記ご参照下さい
九段アカデミーは、語学に特化した添削学習を2005年から開始、多くの中学高校受験生に利用頂いています。
Eメールで受講出来ます。小中学生の場合特に希望がなければ、日本人講師が添削します。一つ上を目指すなら早く始める事。受講されたご家族は、入試終了後妹さんや弟さんにも受講を奨めることが多いですよ。小学生は入門からスタートです。
(1) 小・中学生の作文学習 添削指導 Eメールで、郵送でも
 
 作文添削指導で、文法力、単語力、表現力をつけていきます。
なぜ作文指導? (答え)作文力が英語の総合力だからです。英語学習方法としては、文法や読解、リスニングや会話もあります。しかし英語の力を見るのは作文が一番。作文を見れば力がすぐわかりますから、指導がしやすいのです。
入門者や入門レベル者は作文は出来ないのでは? (答え)入門者には、例文がついて、それを覚えながら作文をしていく問題構成になっています。だから作文をしながら文法を覚えて行きます。
本当に力がつく? (答え)英語教育の問題は指導者不足の問題でもあります。特に英作文はかなりな高レベル指導者でないと出来ません。当校の指導者は、文科省で目指している準一級保持者以上の英語指導者(含むネイティブ)ですから、的確な指導が好評です。目からうろこ、と言われることもしばしば。
*小学生割引あり:このコースは一般の人も受講できるコースで、通常入会金は3240円ですが、小学生の受講生に限り入会金を2160円と割引します。お申し込みの時に、小学何年生かお伝えください。
 コース 料金は4週間毎、短文20問の添削料金です
コース  対象基準  J3までは基準
それ以上は目標の級 
 Eメール受講 Eメール+郵送受講 
  *実学年に合わせずレベルで選択可    一般 一般 
H  小学生  初めての英語   3,240 3,840 
J1  中1  英検5級   3,240 3,840 
J2  中2   英検4級   3,240 3,840 
J3  中3   英検3級   3,240 3,840 
M1  超中レベル   英検2級(目標)   3,240 3,840 
M2  超超中レベル  英検準一級(目標)    3,240 3,840 
*Eメール受講の方法:毎日問題を配信します。毎日回答が出来ます。添削は3日(土日除く)以内
 添削方式は、@文法の間違い訂正A用語、熟語の間違い訂正Bスペル間違いの訂正C正解、またはその他の表現、コメントなどD得点(10点満点で作文ごとに表示)となります。
郵送受講の方法(2017年変更):配信された問題(Eメール)をプリントアウトして、回答を手書きで送って下さい。但し、この場合は週に一度5日分をまとめて送ってください。ご希望があれば、問題を毎週一回(5問まとめて)送ることも出来ます
 添削は本部で入手後5日以内に(土日除く)発送。回答送付後1週間〜10日で添削が戻ります。
*受講料は4週間毎の支払いです。Paypalのクレジットカード支払いは、4週間毎の毎の引き落とし設定
 になっていますが、銀行お振込みの方は支払い時期にご注意下さい。尚、受講料以外に入会金が3240円
 と郵送受講の場合は送付代が600円が別途かかります。
 
(2) コース:小学生の英語基礎学習
文法とリスニングそしてまとめは作文添削学習

(1)リスニング(2)文法学習 (3) 単語を沢山おぼえる
 (4)添削で確認
この4点に集中してやることが、中学校以上の学習の飛躍的向上につながります。
このコースは、自宅にネイティブの音声と問題を配信し、それを元に自然に学びます。
 小学4~6年生対象 
学校での学習の補講
体験無料
 
月曜日と水曜日に、「課題」の音声を3つづつメールアドレスに送ります。
この合計6つの音声をよく聞き、説明を読んで、暗唱します。
これが、リスニング、構文の把握、単語の暗記に繋がります。

 金曜日にはその週のまとめの試験問題を送ります。これは、添削方式ですので、メールに答えを書いてそのまま返信すれば、英語教師が添削して返信します。毎週金曜日の課題を返送する時は、質問も受け付けていますので、分からない事の質問が出来ます。
(郵送も可)見るのは良いが、まだコンピュータで文字を打つのに慣れていない小学生には、郵送で学ぶ方法があります。金曜日にEメールで送られる課題に対し、プリントアウトして答えを書き、郵送で送ってください。勿論質問も書けます。
コース期間は半年(24週)です。基本音声は72個。添削コースの添削回数は24回。
受講料:入会金2,160円、受講料3,240円x6回 (一括支払いは18,360円
*郵送受講は+600円となります。(一括は21,960円)
 【小学生初めての英語、Eメールで学習
プログラム 月曜日と水曜日が音声配信、金曜日が問題配信です
1週 Alphabetの学習、基本単語の学習
What is your name?  My name is ~.
2週 【WHAT】 What is it? It's a dog. What is this? What is that?
【HOW】  How are you? I'm fine, and you?  Hello! Nice to meet you.
3週 Good morning everybody! Good morning, Mr.Jones.
Good bye. I will see you later. Good evening.
Open your textbooks!  Close 〜.  Look at t〜.
4週 Be動詞の疑問文 Are you 〜?  Yes, I am.   Where are you from?
He is 〜. She is 〜.  
5週 【WHO】 Who is he?  Who is she?
【HOW OLD】 How old are you?  I'm 〜 years old.  
6週 【WHERE】 Where are you? I am here.  Where is 〜?
【am/is/are】  I am/You are/He is/We are/They are   My mother is a teacher.
7週 【it/this/that】 Is it 〜? Yes, it is. This is 〜. Is that 〜?
【How is, How many, How much】How is 〜? How many 〜 are there? How much is 〜?
8週 【What is(are)】 What is 〜?   What time is it now?
【Who lives?】 Who lives in your house? Who is ~? Who is going to ~?
9週 【Where do you〜?】 Where is ~?  Where do you 〜?
【WHEN、What time? What day?】 When is 〜? What time 〜? What day 〜?
10週 【Which】と【Whose】「どちら」「誰の」Which is 〜? Which do you like 〜?Whose 〜?
be動詞の否定文 I am not/you are not/he(she) is not/it is not
「英語教育改革」
(3)資格取得、英語が話せる為の学習
 (通学)
 
 英語の目的は、「英語で聞いたことを英語で理解し英語で考え英語で話す」様になることです。つまり、日本語と同じように英語を操ることです。しかし、幼児の時に日本語の言語中枢が出来た後では、言葉を論理的に理解しようとするために、耳から聞くだけでは理解出来ません。ナチュラルメソッド(ダイレクトメソッドの一部)の欠点として挙げられるのが、(1)外国語の場合、耳から覚えるのが自然だとは言えない(2)読み書きの力がつかない(3)外国がだけで理解するのは困難であり、非効率(4)文法を後付するのも効率が良いとは言えない、などなど。しかし、その一方、言語習慣の形成の為には、暗記(反復)は効果を認められています。また反対に「文法学習」や「翻訳学習」を過度にやり過ぎると、文法分析が主体となったり遅読(遅理解)の原因になってしまいます。従い、文法理解から入り、次第に頭の中が英語だけになるように、つまりナチュラルな理解になるように変えて行くタイミングとその過渡的な指導法が重要となります。
 

料金表(通学学習)  2017年6月改定  入会金 15,800円

年齢(学年) 形態 月謝 4回で 特徴 
小1〜高校生 プライベート 18,900円
(40分~50分 )
*特に英語に力を入れたい方は、週2回または90分以上のレッスン推奨(中学生以上)
324,000円/年〜
カスタムメイド
月、火、水、木曜日
小1〜高校生  ペアまたは
グループ 
2人なら 10,800円/人 申込は2人以上で 、時間は相談

*グループレッスンは、二人以上でお申込み下さい。 

子供が聞いた事を覚えて行く能力は、大人の想像を絶します。個々人の個性がありますから、例えクラスで何も話さなくても心配する必要はありません。そういうお子さんに限って、しっかりと聞いた事を覚えているからです。

英語の学び方
日本語ペラペラ中味なしの小学生も、次第に日本語ペラペラ中味有りに変わって行きますね。大人になるということは、言語がペラペラかどうかではなく、中味であることは疑いのないことです。一方小中学生が英語を学び始めたら、初めはパラパラ中味なしです。つまり、英語も大して話せないし、中味も当然ありません。この様に英語パラパラから始まって、次のステップで二つに分かれます。ひとつは、「英語ペラペラ中味なし」。もう一つは「英語パラパラ中味有り」。英語ペラペラ中味なしの人は、言葉の中味よりもネイティブのような受け答えや発音だけを望んだ人達です。スラング表現が好きで、外国人と意味のない話をすることは得意ですが、当然難しい話は分からないだけでなく、議論、商談、文化交流などは無理です。一方「英語パラパラ中味有り」に進んだ人は、すぐには出てこなくても、じっくり吟味した言葉であり、教養を深めていますから、言葉に重みがあります。本を読みますから、語彙は3000は超えています。語彙が6000を超えたら、「英語ペラペラ中味有り」に変わっているでしょう。ネイティブは、英語の語彙を少なくとも20,000は持っています。日本語でも、同じですが、深みのある会話は言葉を選ぶものです。語彙が3000以下で対等に話すのは難しい。学習方法を間違えないためには最初が肝心。

日本の英語教育(一般論):
中学校で語彙1000、高校で語彙3000、大学試験対策だと語彙4500。これが語彙に関する英語教育の実態です。勿論学ぶ単語数ですから、これを全部覚えている人は殆どいません。単語を知らねば意味は分かりません。普通の生活で一日に接する英単語は15000語だというレポートがあります。4500の語彙だと、2/3は分からなくて当然です。
英語学習は下記の順序でやる。
 
(小学生)発音と基礎 →(5年生)読み+書き →(中学生)文法 →読解/作文/音読 →発音+会話
 
レベル 英語パラパラ中味なし→英語パラパラ中味少→英語パラパラ中味中→英語ペラペラ中味有りへの道 

  次のような方にお奨め。  
   お子さんに英語を楽しく、人よりも一歩進んで勉強させてあげたい
   クラブ活動や他の習い事で勉強時間がうまく取れない (Eメール学習推薦)
   家で勉強する機会が少ないお子さんに、自分から学習するようにさせてあげたい
   不登校や引きこもりがちで、勉強が遅れていくのが心配
   国語や数学が苦手 (英語で自信をつける)
    小学生にどう英語を学ばせたらよいか分からない  

東京都千代田区九段南4丁目 市ヶ谷駅(都営地下鉄、JR、有楽町線、南北線 徒歩3〜6分
TEL:03(3265)6358 Email:info@kudanacademy.com
責任者:中原進


English TOPへ

ナビゲーション


無料体験をお申込み下さい
音声見本2
音声はランダムです

〒102-0074
東京都千代田区九段南4-5-14
ジェネシス九段南ビル4F

TEL 03-3265-6358
FAX 03-3265-6368

体験・訪問 申込み
作文添削指導の申込
1)Eメール受講の場合   
@無料体験申込
A体験後本申込
Bお支払い完了
C本番配信開始
2)郵送受講者の場合    
*体験はありませんが、体験だけEメールで受講することは出来ます
@お支払い完了
A課題用紙送付
B作文提出開始

体験・本番申込

3240円
3840円

入会金 2160円


小学生初めての英語学習

無料体験はこちらから

 

体験レッスン
資料請求


 paypal(credit card)支払いはこちらから
 入会金2160円
   受講料4週あたり3240円x6回
一回目5400円(入会金込)以降3240円x5回

 一括支払いはこちら(入会込)
コース選択


体験ヒアリング
次の音声を聞いて何と言っているか、次の日本語の中から選んでみよう
クリック
1.あなたは女の子です
2.ぼくはがくせいです
3.あなたは先生です 
4.私は男の子です  
5.私はつよい    
6. ぼくははるきです
7.私は10才です  
8.あなたはアメリカ人です
9.あなたはパイロットです
10.あなたはかわいい

クリック
11.彼はわたしのおとうさんです
12.彼は学生です   
13.彼女は私のおばさんです
14.彼女は私のともだちです
15.彼女は私のお母さんです
16.かれはとこやさんです

答え
音声の順番に
I am a boy.4
I am a student.2
You are a girl.1
You are a teacher.3
I am Haruki.6
I am 10 years old.7
I am strong.5
You are a pilot.9
You are pretty.10
You are an American.8
He is a student.12
She is my mother.15
He is my father.11
He is a barber.16
She is my aunt.13
She is my friend.14



copyright©2011 Kudan Academy. all rights reserved.

サブナビゲーション